矯正治療の費用の違いってなに?特徴は?

BLOG ブログ

矯正治療の費用の違いってなに?特徴は?


矯正治療にはさまざまな種類があります。
また、その種類によって費用のかかり方も変わってきます。
それぞれの矯正方法やメーカーの特徴、費用の違いについてまとめました。


■ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

ワイヤー矯正のメリット、デメリット

ワイヤー矯正は古くからある矯正方法です。
ブラケットという器具を歯の表面に取り付け、その上にワイヤーを渡し、力をかけることによって歯を動かします。
歯並びがかなり良くない場合でも対応でき、回転などの細かい動きも得意です。
対応できる症例は一番多いワイヤー矯正ですが、 その形から審美面に問題が感じられるという方も多いです。
また、ワイヤー矯正は固定式という方法をとっており、矯正装置の着脱がご自分でできないため、清掃が行き渡りにくいというデメリットもあります。
その方の症例や歯科医院にもよりますが、一般的に表側矯正はマウスピース矯正より少し安めに価格が設定されているのが特徴です。


マウスピース矯正のメリット、デメリット

マウスピース矯正のマウスピースは、透明なシートを歯列の形にしたものです。
それを付け替えていくことにより、少しずつ歯を動かすという矯正方法です。
透明のシートでできているためとても審美的で、遠くから見れば矯正をしていると気づかれないケースもあります。
また可撤式といって、矯正装置の着脱を自分で行えるため清掃がとてもしやすいのが特徴です。
患者様の口腔内の状態によってはワイヤー矯正を選択しなくてはならない時もありますが、マウスピース矯正のみで対応できる症例も年々増えています。


■それぞれの矯正の特徴と費用の違い

ワイヤー矯正

・全体矯正
60~170万程度

ワイヤー矯正でも、裏側矯正という舌の方からブラケットをつける方法は少し高額になります。
表側矯正で全体矯正だと高額でも130万円程度と考えてよいでしょう。

・部分矯正
30~70万程度


マウスピース矯正

・インビザライン
33~100万程度

世界1位のシェアを誇るマウスピース矯正です。
世界100カ国以上延べ1300万人以上の方がインビザラインを利用しています。
インビザラインでは、それらの患者様のデータをデータベース化し、どのように歯が動いていくかというシミュレーションを行うことで歯の動きを予想します。
多くの方のデータから歯の動きを予想しているため、 それによって作成されたマウスピースはとても綿密なものになります。

・クリアコレクト
15~66万程度

世界2位のシェアを誇るマウスピース矯正です。
クリアコレクトの特徴は、そのマウスピースの形にあります。
歯肉の方まで広く覆うため歯がとても動かしやすく、アタッチメントを付けなくても良いケースもあります。
また他のマウスピースに比べ 薄く、フィットしやすいため違和感が少ないというメリットもあります。

・キレイライン
21~38万程度

初期費用が2万円というリーズナブルさが特徴です。
またキレイラインは部分矯正に特化しているため、全体的にリーズナブルな価格設定になっています。


インビザラインがおすすめ!

当院ではインビザライン矯正をおすすめしています。
インビザラインでは極軽度~重度まで4つのパッケージを展開しています。
また、お子様の歯並びにはインビザラインファースト、インビザラインティーンなど、年齢に合わせたラインナップも取り揃えてられています。 
ラインナップの多さ、矯正治療の老舗であること、世界的に利用している人が多いことなどを含めて、インビザラインを選べば安心して矯正治療を進められるでしょう。


【早く、安く治せるのが良いとは限らない】

現在矯正治療には、安くて早いなどの特徴があるものがたくさん出ています。
しかし早く安く治せることが良いわけではありません。
信頼できるメーカーのものを使い、最終的なかみ合わせやその後の生活の質まで考慮できる矯正メーカーを選ぶと安心です。