インビザラインが苦手な歯並び

BLOG ブログ

インビザラインが苦手な歯並び



目立ちにくく、マウスピースを取り外し可能、金属アレルギーを起こさないなど、インビザラインはメリットが多い矯正方法です。しかし、インビザラインはすべての歯並びの乱れを治せる訳ではありません。インビザラインだけでは治療がむずかしい歯並びも存在します。

今回は「インビザラインが苦手な歯並び」についてご説明します。

■インビザラインが苦手な歯の動き

インビザラインは「歯を大きく動かす」ことが苦手

インビザラインはマウスピースを使ってマイルドな力をかけ、歯を少しずつ動かす矯正方法です。ワイヤー矯正と比べると歯にかける力が弱いため、以下のような「歯を大きく動かす」ことが苦手です。

・歯を大きく前や後ろに平行移動させる
・歯を大きく圧下(あっか:歯を歯ぐき側に押し下げること)させる
・歯を大きく挺出(ていしゅつ:歯を舌側に引っ張り出すこと)させる
・歯を大きく回転させる

インビザラインは抜歯矯正が苦手

インビザラインは歯を少しずつ動かすため、歯を大きく動かす必要がある抜歯矯正が苦手です。抜歯を行い歯を大きく動かす必要がある矯正治療では、歯を歯根(歯の根っこ)ごと移動させる「歯体移動(したいいどう)」が必要になります。インビザラインは歯体移動をともなう矯正が苦手です。

インビザラインをふくめ、マウスピース矯正で行う歯の動きは歯冠(しかん:歯ぐきから上の歯の部分)を傾けて歯の位置を整えていく「傾斜移動」が基本となります。

インビザラインが歯体移動をできない訳ではありません。アタッチメントを歯に着けることで歯にかける力を増やし、歯体移動もできます。ただし、歯体移動が必要な、大きな歯の動きをともなう矯正をインビザラインのみで行うと時間がかかってしまい、非効率になります。

片方の顎につき、歯を抜く本数が2本までならインビザラインのみで抜歯矯正に対応できる場合もあります。

インビザラインが苦手な歯並びの乱れ

インビザラインは以下の歯並びの乱れの治療を苦手とします。ただし、下記に当てはまるケースでも軽度~中程度までであれば、インビザラインのみで対応できる場合があります。

[インビザラインが苦手な歯並びの乱れ]

・重度の叢生
・重度の出っ歯
・重度の受け口
・重度の過蓋咬合

・重度の叢生

重度の叢生(ガタガタ歯)の治療では抜歯を行い、歯を大きく動かす必要があるため、インビザラインのみでの治療はむずかしいです。

・重度の出っ歯 ・重度の受け口

重度の出っ歯や重度の受け口の治療では抜歯を行い、歯を大きく後ろに平行移動させる必要があるため、インビザラインのみでの治療はむずかしいです。

・重度の過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上の前歯が下の前歯に深く覆いかぶさった歯並びです。重度の過蓋咬合の治療では覆いかぶさった上の前歯を歯ぐき側に大きく押し下げる圧下が必要になります。大きな圧下、特に力をかけにくい前歯の圧下を苦手とするインビザラインのみでは、重度の過蓋咬合に対応するのはむずかしいです。

インビザラインが苦手とする歯の形、お口の状態

インビザラインは以下の歯の形やお口の状態を苦手とします。

[インビザラインが苦手な歯の形、お口の状態]

・歯が短い方(歯冠が短い方)
・インプラントが入っている方
・重度の歯周病の方

・歯が短い方(歯冠が短い方)

歯(歯ぐきから上の歯冠部分)が短い方の場合、マウスピースで歯に力をかけにくく、インビザラインのみでは対応できないケースがあります。

・インプラントが入っている方

インプラントは人工歯根のため、矯正治療でインプラントの歯を動かすことはできません。ただし、奥歯にインプラントが入っており、前歯のみの部分矯正であればインビザラインやワイヤー矯正で治療できるケースがあります。

・重度の歯周病の方

矯正治療は歯と顎の骨の健康状態が良い方にしか行えません。重度の歯周病で顎の骨(歯槽骨)が溶けている場合は、インビザラインをふくむすべての矯正治療が適用不可となります。

■インビザラインのみで治せない歯並びはどうするの?

ワイヤー矯正へ変更または併用を行います

インビザラインで治療がむずかしい場合は治療方法をワイヤー矯正に変更します。もしくはワイヤー矯正で歯並びを整えたあとにインビザラインで微調整を行うなど、ワイヤー矯正とインビザラインの併用で治療を進めていきます。

IPRやアンカースクリューなどの処置を行うことがあります

矯正治療では、歯並びの乱れ方によってはIPRやアンカースクリューなどの処置を行います。

むずかしい症例でも、IPRやアンカースクリューを行うことによりインビザラインのみで治療が可能になるケースがあります(※)。

IPR・・・歯と歯のあいだをやすりで削ってスペースを作る処置。
アンカースクリュー・・・歯槽骨にアンカーを埋め入れ、ゴムをかけて歯を動かす処置。

(※)症状によってワイヤー矯正を用いる場合があります。


【患者様に適した矯正方法をご提案いたします】

アイリーデンタルクリニックでは、インビザラインによるマウスピース矯正をはじめ、ワイヤー矯正(表側、裏側)にも対応しております。

インビザラインのみでは治療がむずかしいケースでは、患者様の歯並びやご希望に合わせ、ワイヤー矯正への変更や併用をおすすめすることもあります。

歯並びの乱れや歯の見た目でお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。カウンセリングは無料です。